お城と桜

お城と桜

桜の季節になりましたね。

桜がきれいだと言われている桜の名所には、お城があることが多いと思いませんか。

お城の近くで桜祭りが開催されているところも多くあるようです。

お城を取り巻くように咲き誇る桜っていいものですよね。

私が住んでいる地域には、島原城というお城があります。

それほど大きなお城ではありませんが、きれいなお城です。

そのお城を取り囲むように、お城のお堀端に毎年たくさんの桜が咲きます。

夜には桜が提灯でライトアップされているので、とてもきれいです。

この島原城以外にも、この地域には、桜の名所と呼ばれるスポットがあり、そちらのスポットのほうが桜の数が多く、見ごたえがあるのですが、美しさで言うと、やはりお城の周りに咲く桜のほうに軍配が上がると思います。

お城と桜は相乗効果があるのでしょうか。

桜が咲いていないときのお城は、それほど目をひくものではなく、いつも見ているからというのもあって、日常生活にある風景の1つとなっています。

でも、桜の季節になり、お城の周りに桜が咲き始めると、いつものお城ではなくなるのです。

この時期だけは、ちょっと足を伸ばして、桜を見るためにお城に向かうこともあります。

お城と桜って本当に絵になるんですよね。

昔の人も、この季節になるとお城の周りに咲く桜を見ながらお花見を楽しんだのでしょうか。

その頃にお城の周りに桜が咲いていたかどうかは分かりませんが、きっと昔も桜を楽しみにしていた人が多くいたのではないかと思います。

桜は、あっという間に咲いてあっという間に散ってしまいます。

桜が楽しめるのは、1週間から10日ほどの短い期間ですよね。

桜が散ってしまえば、お城もいつも通りのお城にもどってしまいます。

お城も桜が散るのを惜しんでいるかもしれませんね。

足脱毛vライン脱毛

韓国のお土産

同僚が、週末に釜山に行ってきたということで、今日、韓国のお土産をいろいろと頂きました。

まず、みんなで頂いたのは、韓国のりです。

韓国のりはごま油と塩あじが後を引いて美味しいですよね。

お酒のおつまみにもいいですし、そのまま食べても美味しいです。

今回は、普通の韓国のりとキムチ味の韓国のりを頂きました。

キムチ味の韓国のりは、キムチの味はあまりしませんでしたが、ピリ辛で美味しかったです。

そのままぱりぱりと頂きました。

キムチ味の韓国版かっぱえびせんも頂きました。

日本のかっぱえびせんよりちょっと硬めで、食べ応えがありました。

味は、これもちょっとピリ辛でしたが、甘味もあるという不思議な味でした。

韓国のりも韓国版かっぱえびせんもみんなで食べていたのですが、最後はみんな「辛い、辛い」と言って食べていました。

韓国の食べ物ってピリ辛のものが多いですよね。

個人的なお土産としては、パックを頂きました。

某美容家の方が絶賛しているという化粧品ブランドのパックでした。

このパックを使うと、翌日本当にお肌がぷるぷるになるのだそうです。

どうなるのか使ってみるのが楽しみです。

そんなパックなら高いのではないかと思ったのですが、お値段を聞いたら驚くほどの安さでした。

円高のおかげですよね。

物のお土産だけではなく、お土産話もたくさん聞かせてもらいました。

やっぱり、焼肉やチヂミ、トッポギなど定番の韓国料理は安くて美味しかったのだそうです。

釜山は韓国よりも規模が小さい都市なので、楽しめるのは、買い物と食事くらいなので、1日あれば十分満喫できるようです。

九州からは、船が出ていて、最短5時間ほどで行くことができるそうなので、私も1度行ってみたいなと思いました。

背中の脱毛